2015年12月21日

【オウム返し No.91】〜【オウム返し No.92】


【どうして日本人は英語を話せないのか?】

教育文法では、現在完了形はhave[has]+過去分詞と教えています。しかしこれで英語が言葉として定着・蓄積できるでしょうか。
日本人以外は「過去の状態(state)や行為(act)を現在持っている」といった意味なのです。例えば「ここにいる」とか「ドレスにアイロンする」などでは、「ここにいたこと」=been here、「ドレスにアイロンしこと」=ironed one's dressを「持っている」ということです。
これがネイティブの発想であり、大半を占める動詞の規則変化動詞では過去形フレーズとed形動詞フレーズが同じです。だから日本人以外は動詞をフレーズとしてとらえることができ、簡単に英語を話せるのです。

 iron one's dress  ドレスにアイロンする → ironed one's dress
 finish one's homework 宿題を終える   → finished one's homework
 empty the wastebasket ゴミ箱からゴミを捨てる → emptied the wastebasket
 water the flowers  植物に水をやる   → watered the flowers
 polish one's shoes  靴を磨く     → polished one's shoes

 I ironed my dress. (過去において)ドレスにアイロンをした
 I have just ironed my dress. (現在において)ドレスにアイロンをしたところです
言うまでもなく、現在形や未来形も動詞をフレーズとしてとらえるから英語が語彙として定着します。
 I iron my dress. (ふだん)ドレスにアイロンをします
 I will ironed my dress. (未来において)ドレスにアイロンをするつもり

 I must iron my dress. しなければならない
 I am sure to iron my dress. 必ずする
 I have to iron my dress. しなければならない

ちなみに、現在完了形での肯定、否定、否定疑問の展開はすでにSTEP1の「九九で覚える英会話」で英語脳として定着したということです。

  本書のしくみ

今回は、以下のトレーニングです。
Chapter 4 「現在完了のこと」を表現する  現在完了形、その3つの用法
【オウム返し No.91】「ビルは、天ぷらを食べたことがあるの?」
「天ぷらを食べたことがないよ」
【オウム返し No.92】「パパは、もう仕事に行ったの?」「もう会社に行ったよ」
【オウム返し No.93】「あなたは、何をしたところなの?」
「ちょうど犬を散歩させたところだよ」

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル be動詞・一般動詞共通 現在完了形
table-4

【オウム返し No.91】〜【オウム返し No.92】
【オウム返し No.91】〜【オウム返し No.92】
受講者専用「ナビゲータルーム」
posted by ファンクションメソッド at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【オウム返し No.91】〜【 No. 92】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。