2015年12月12日

Section 2 be動詞でこれだけ表現できる 現在進行形と現在受身形


●現在進行形と現在受身形の表現


英語の発想では、「今〜している」などと現在の能動的な動的状態を表現するためには、やはり現在の「存在」を表すbe動詞am,are,isと、動詞のing形(現在分詞)で始まる動詞フレーズを用いて、「今〜しながらの存在です」と表現します。

  I am going to the bank.
  私は存在する 銀行に行きながら
  私は、いま銀行に行くところです

現在進行形【オウム返し No. 44】〜【オウム返し No. 51】

一方受動的な動的状態を表す場合は、やはり現在の「存在」を表すbe動詞am,are,isと、動詞のed形(過去分詞)で始まる動詞フレーズを用いて、「(ふだん)〜されての存在です」などと表現します。つまりMy parents love me.(私の両親は私を愛してくれる)から、「私」を主体(主語)にすると、I am loved by my parents.(私は両親に愛されている存在だ)ということになるわけです。

  I am loved by my parents.
  私は存在する 両親に愛されて
  私は(ふだん)、両親に愛されています

現在受身形【オウム返し No. 52】〜【オウム返し No. 55】

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル be動詞 現在形
table-1

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル be動詞 過去形
table-2
受講者専用「ナビゲータルーム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。