2015年12月14日

Section 3 一般動詞でこれだけ表現できる


Section 3 一般動詞でこれだけ表現できる

いずれにしても、一般動詞現在形で用いる主語を含むフレーズは、TABLE No. 4をごらんください。ここにはdo, doesが支配する一般動詞現在形のそれぞれ。肯定形。否定形。疑問形のパターンが登場しています。ここで注目してほしいのは、(5)(6)(7)の肯定形だけがdoesとなり、これはlooks goodやlikes dogsとなるだけだということです。それ以外の肯定形や否定形、疑問形ではlook goodやlike dogsなどのフレーズが用いられます。
日本人以外が簡単に英語が話せるのは、seem good、look good, like dogsと動詞をフレーズを元にして、表現するからです。否定形は「do not[does] not+動詞の原形」とか、疑問形は「Do[Does]を文頭において 、主語+動詞の原形」などととえるから英語が話せないのです。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル 一般動詞 現在形
table-1





posted by ファンクションメソッド at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Section 3 一般動詞でこれだけ表現できる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。