2015年12月11日

【オウム返し No.42】〜【 No.43】


【どうして日本人は英語を話せないのか?】

阿部首相のこのセリフは有名になりましたね。

 The situation is under control.

日本語にすると「コントロールされている」ということです。
方位副詞や前置詞+名詞を用いて場所的に「〜が、ある・いる」と表現しますが、英語の発想にはこれらと同じことばを用いて、状況や状態などを表す場合があり、これを「メタフォー(類推)表現」と言います。たとえば、out of orderでは、「状態がいいことからの範囲外」にあるということで、「故障している」という意味になります。逆にin orderは「故障していてない、順調だ」ということ。
あるいはon a dietは、前置詞onが「密着・継続」の意味があります。ダイエットには「継続」が必要です。
CDなどのコマーシャルでNow on sale!がありますが、これもそうです。

日本人が英語を話せない原因がわかりますか。
イギリスの言語学者のC.K.Ogden氏は16の基本動詞といくつかの方位副詞や前置詞+名詞との結び付き日常会話のほとんどができると、Basic Englishを提唱しました。
ここで注目してほしいのは、「コントロールされている」「故障している」「故障していない」「ダイエットしている」などの日本語訳です。「されている」は受身形、「している」は進行形をイメージしてしまいませんか?英語人は単に、be動詞とunder、in、out、onなどの方位副詞や前置詞+名詞を使っているだけです。
私が、「英語は英語で理解しなさい」と言っているのはこのことです。

  本書のしくみ

今回は、以下のトレーニングです。
●「〜は、ある・いる文」とは
【オウム返し No.42】 「あなたのコンピュータの具合はどうなの?」「順調だよ」
【オウム返し No.43】 「どうしてダイエットしてるの?」「スリムになるためよ」

【オウム返し No.42】〜【 No.43】
【オウム返し No.42】〜【 No.43】

--------------受講者専用「ナビゲータルーム」----------サンプル 英文は省略しています
日本人が英語を話せない原因の一つに「事実表現」と「情緒表現」を同時に教えないからです。
しかも後者を「助動詞+動詞の原形」だとか、これはto不定詞で「to+動詞の原形」などと別物として教えているからです。

 彼女、ダイエットしてるの?
 彼女、ダイエットしてないの?
 彼女、ダイエットしてたの?
 彼女、ダイエットしてなかったの?
 彼女、ダイエットしてるかもね
 彼女、ダイエットしてるはずよ
 彼女、ダイエットしてるはずはないよ
 彼女、ダイエットしてるに違いないよ
 彼女、ダイエットしてるようだよ
 彼女、ダイエットしてるようだったよ
 彼女、ダイエットしてるようじゃなかったよ
 彼女、ダイエットしてたかもしれないね
 彼女、ダイエットしてなかったかもしれないね
受講者専用「ナビゲータルーム」
posted by ファンクションメソッド at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【オウム返し No.42】〜【 No.43】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。