2015年11月29日

【オウム返し No.12】〜【 No.13】


【どうして日本人は英語を話せないのか?】

この「ファンクションメソッドオンライン講座」の紹介の冒頭で私はこう述べています。

●英会話学校に通ったこともなく留学体験もない青山繁治氏(独立研究所社長)も、カリフォルニアで育ちテレビにコメンテーターとして活躍している木村太郎氏も英語が話せる日本人だと知られている。
彼らは「英語でも他の外国語でも『そのまま理解する』ことが重要だ」と口をそろえている。言葉を変えて言えば、「英語は英語でとらえるべきだ」ということだ。
言うまでもなくこの講座でのトレーニングは、日本文を英語で表現することよりも「英語をそのまま理解しする」ことに重点を当てています。
 How are you?に対しては、
  I am fine. I am sleepy. I am tired.などと答え、
 How is it?に対しては、「味はどうなの」などの意味で、
  It is good, It is salty. It is spicy. It is hot.(辛い)などと答え、
 PCの調子、車の乗り心地、服の着心地、そして天候までもが同じです。
  It is good, It is roomy. It is nice. It is hot(暑い).などと答える。
つまり私が言いたいのは、日本語の発想てはわざわざ「味はいかが?」「調子はどうなの?」「乗り心地はどうなの?」「着心地はどうなの?」などと考えしまうことなります。
それが英語で表現する場合はそれが余計なのです。
ただし、英語はbe動詞系列と一般動詞系列の二つの表現あり、言うまでもなく後者の表現は動的なものです。
しかしあくまでも基本は今まで学んできたbe動詞系列の表現です。
How do you feel?---> It feel sleepy.
 How does it taste?---> It taste good.
これらの表現は、STEP3の「イメトレ学習法」で登場します。

●主体(主語)を「こそあど」ことばを使って指し示す場合

今回は、以下のトレーニングです。
これらのトレーニングに共通しているのは、主語がitであることです。
【オウム返し No.12】 「天候はどうなの?」「雨降りよ」
【オウム返し No.13】 「天候はどうなの?」「雨降り(の日)よ」

もうすでに、STEP1の「九九で覚える英会話学習法」で、英語脳を獲得してます。

「それって〜よ」「それって〜じゃないよ」「それって〜なの?」「それって〜じゃないの?」
 It is 〜  It isn't 〜  Is it〜?  Isn't it 〜?

【オウム返し No.12】〜【 No.13】

【ここがポイント】
【情報BOX】のsunny, windyなどに注目してください。これらは名詞sun(太陽)、wind(風)の語尾にyをつけて形容詞に変化させていることがわかります。
またpouring, snowingなどは、動詞pour(土砂降りに降る)、snow(雪が降る)の語尾にingをつけて形容詞のように使っています。これを文法では進行形と呼ばれていますが、いずれにしてもこれらは英語の増語(造語)法の一つです。 How is the weather?はWhat is the weather like?とも表現します。   

【情報BOX】
 beautiful  天気がいい   nice 天気がいい  nice 天気がいい
 warm 暖かい  old   寒い

 sunny 太陽がギラギラしている windy  風が吹いている
 foggy 霧が立ちこめている muggy 蒸し暑い
 pouring 土砂降りだ snowing 雪が降ってる
 raining 雨が降ってる drizzling 小雨が降ってる

What time is it?は直接的な表現で、見知らない人などに聞く場合はMay I have the time?(何時ですか?)の方が適当です。これはWhat is your name?をMay I have your name?と聞く場合があるのと同じですね。
またwhat time?は、「何時ですか?」と時刻を聞くことばですが、When?はもう少し時間の幅をもった「いつ?」といった表現となります。

【オウム返し No.12】はネイティブが好む「体言止め」、つまり名詞で終わる表現のトレーニングです。

「〜は、ナニだ」文を用いて、【オウム返し No.12】と同じitを用いて天候や寒暖を表現することがあります。
今日は、「いい天気ですね」と相手に同意を得るような表現は以下のようになります。
 It is a fine day, isn't it?

 a beautiful day  天気がいい日  a nice day  天気がいい日
 a warm day  暖かい日      a cold day  寒い日

受講者専用「ナビゲータルーム」
posted by ファンクションメソッド at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【オウム返し No.12】〜【No.13】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。